自園製『成里乃』とお抹茶

- 御家元御好み抹茶 -

 当園の抹茶は大正年間そのてん茶製造機を考案した関係から特に業界からその品質に信頼を得て、戦前戦後発展を遂げてまいりました。そして永年の伝統と豊富な経験、厳しい審査による見極めによって生まれたてん茶は「品質本位」の言葉そのままの品です。そのてん茶を低温冷蔵庫に保管し、需要に応じて湿気のない空調設備を完備した抹茶室で60台の「石臼」がきめ細やかに挽いております。裏千家鵬雲斎大宗匠様から奥ノ山茶園を吹き抜ける雄々しい風を御銘に戴いた濃茶「雄風の昔」、当園の旧屋号松風堂より一字戴いた薄茶「松雲の白」の御銘を戴いております。表千家而妙斎お家元様から平成元年自園「塔の川茶園」で生産された碾茶あさひが全国品評会で農林水産大臣賞を受賞し、これを記念に濃茶「塔川の昔」の御銘を戴きました。薄茶「莵道の白」は宇治の地名の起こり「莵道」に因んで御銘を頂戴しております。
お好みの濃茶は豊潤な香りと濃厚な旨味を持つ逸品です。薄茶は挽き色の良さが目を楽しませると共に、素直な味と香りが至福を届けます。抹茶生産に深い関わりを持ち歴史を重ねる当園ならではの自信の味と香りをお楽しみください。


堀井七茗園

Copyright © 2017 堀井七茗園 All Rights Reserved