七茗園について
             

- 当園のあゆみと堀井式碾茶製造機 -

 代々暗闇の奇祭で知られる「あがた神社」の社頭で宇治茶の生産と販売を行って参りました。明治12年に行われました「共進会製茶報告書」に二代目の名前が掲載され、公に名前が認められる事でその年を創業年にしております。

 三代目堀井長次郎は宇治茶の振興を願い、当時製茶が機械生産へと移る中で、特産の「てん茶」の機械化に取り組みました。「てん茶」とは石臼で挽く前の原葉の事を言い、挽き上げたものが「抹茶」になります。大正13年「堀井式碾茶製造機」を苦心研究の結果考案し、これによりムラの無い均一した優良な製品が出来るようになり、宇治茶の品質向上に大いに役立つと共にてん茶が宇治の特産として栄える基盤となりました。長次郎翁はその製造機を独占することなく近隣に広め現在、日本で使われているてん茶製造機は全てこの形を改良した物です。
 戦前、戦後を通じほとんどがこの「てん茶」販売一筋でしたが昭和27年に会社設立後は宇治茶の全てを取り扱うようになりました。
 昭和57年株式会社設立後は広く全国のお客様に直接販売も行い、生粋の宇治茶をご愛飲いただいております。


堀井七茗園

Copyright © 2017 堀井七茗園 All Rights Reserved