七茗園について
             

- その歴史 -

 室町時代足利将軍は宇治茶の良さを認め,後世宇治七茗園と呼ばれる優れた茶園を宇治の地に七ヶ所指定しました。 「森、祝、宇文字、川下、奥の山、朝日に続く琵琶とこそ知れ」と和歌にも詠まれた七つの茶園は都市化の中で姿を消し、当園が栽培しております「奥の山」茶園だけが現存する唯一の生業茶園となりました。 宇治川、平等院を見下ろす高台に位置する「奥の山」茶園では今も昔ながらの伝統栽培が行われ、毎年八十八夜を過ぎますと、新芽が出揃い茶摘女による茶摘が行われております。 昭和56年宇治市「名木百選」の一つに指定されました。平成27年4月文化庁認定日本遺産「日本茶800年歴史散歩」の構成文化財にも選ばれました


堀井七茗園

Copyright © 2017 堀井七茗園 All Rights Reserved